ヨーロッパ周遊記
  ガイドページ 気候について 食事について

 

 

ローマのコロッセオ

コロッセオはローマ帝国の都として栄えたイタリアのローマ歴史地区にあります。
ローマ歴史地区は文化遺産として世界遺産に登録されています。
ローマ帝国時代は円形闘技場のコロッセオで剣闘士達の格闘が行われていました。


コロッセオ

コロッセオはイタリア語でありラテン語ではコロッセウムといいますが、
正式名称はフラヴィウス円形闘技場です。
フラヴィウス朝の皇帝たちが建設したことからそう呼ばれていたようです。


コロッセオは紀元72年にローマ皇帝ウェスパシアヌスによって建設が始まり、
紀元80年に完成したそうです。

平面積は楕円形をしており長径約188m・短径約156mで
外周の壁の高さは約50mです。

収容できる人数は約5万人といわれており当時は日よけなどの設備もあったそうです。

観客席は身分によって分けられており、一階席が議員や元老院の席で二階が騎士、
その上が市民の席で最上階が市民権を持たない人たちというように
区別されていたそうです。