Art of the First World War
  ガイドページ 気候について 食事について

 

 

ドイツの気候について

ドイツは日本よりも北に位置していることもあり、
年間を通じてみても気温は日本よりも低い(約10度前後)。

真夏であっても、日本のように35~40度と猛暑ではなく、
30度を超えることは稀、多くの商業施設には空調機器などがないケースが多い。

しかし湿度が低いため、日本のような蒸し蒸しとしていないことから、
木陰などに入れば涼しいので心配はいらないだろう。
逆に夜間は涼しい、冷える可能性もあるので衣服などでの体温調整は必要である。

晴れた日のブランデンブルク門

冬に関してはかなり寒さは厳しい。0度を切る寒さである。
冬場は観光地も閉鎖されるため、ドイツにいくのであれば冬は避けたい。

冬の南ドイツ

仮に冬のドイツに行くときであれば、
寒さを十分に対策した装備・服装を忘れないようにしたい。

ただし室内においては流石暖房はしっかりしているため、
寒さをしのぐことは出来る。

ちなみに年間降水量は約570mm程度である。